SWELL「この記事を書いた人」の編集方法(設定から非表示まで)

SWELLでこの記事を書いた人の設定と削除方法

SWELLを使いはじめて、気になったのがこの「この記事を書いた人」が自動で投稿記事の下に挿入されて表示される点。しかも、プロフィール画像は無しの状態。

SWELL公式で確認しても、簡単な説明しかありませんでした
https://swell-theme.com/basic-setting/1529/

どこを編集すれば、この部分のリンクや書き換えができるのか解らないので、調べて解ったことを記します

目次

SWELL「この記事を書いた人」を非表示(削除)と編集方法

まず、この部分の設定が必要ない!という方は削除してしまいましょう。
そもそも、ブログの運営者が1人なら、必要ないですよね

「この記事を書いた人」を表示させないようにする方法

STEP
カスタマイザー>「投稿・固定ページ」「記事下エリア」を開く
STEP
著者情報のエリアの設定で変更

ここで、

  • 著者情報を表示

のチェックをを外せば、表示されなくなります

これだけの作業で、簡単に非表示にできます

この記事を書いた人に表示されるプロフィール画像や内容の編集方法

そもそも、私のようなWordPress初心者の場合、この文章や写真はどこで編集すればいいのか、解りませんでした

これは、カスタマイザーでの設定ではなく、ダッシュボード内で編集します

STEP
ダッシュボード>ユーザー>プロフィールを開く
STEP
プロフィール画像や文面、リンクの追加など

全て、ここの画面で変更し、最後にプロフィールを更新をタップすれば変更完了です

プロフィール画像だけは、Gravatarという外部サイトで設定が必要です
個人的には、このGravatarは使わないほうがいいかなという印象を持っています
その理由はこちら(Gravatarを使っての設定方法もあります)
Gravatarでプロフィール画像を設定する前に注意すべき4つのこと

Gravatarは使わずにプロフィール画像の設定も可能です
【この記事を書いた人】Gravatarを使わず画像を設定する2つの方法

詳しくはこちら

【この記事を書いた人】私が設定した内容

私がどのように設定したのか簡単に説明しておきます

STEP
カスタマイザー>「投稿・固定ページ」「記事下エリア」の設定
  • 著者情報を表示にチェック
  • 著者ページへのリンクの表示はチェックを外す
  • 著者情報エリアのタイトルを「このブログを運営している人」に変更
STEP
WP User Avatarのプラグインを入れて設定
  • WP User Avatarで検索して、プラグインを追加
  • ダッシュボードのアバター>設定から画像を追加する
    • WP User Avatarの部分でプロフィール画像を追加できます
STEP
ダッシュボード>ユーザー>プロフィールの設定
  • サイトのURLを追加
  • TwitterのURLを追加
  • プロフィール情報をより詳しく
    • HTMLも入れれるようなので、ささみサロンへのリンクを入れる
  • プロフィール写真はプラグインで反映済みなので触らない
STEP
この記事を書いた人の部分が反映されているか確認

こんな感じでプロフィール画像も表示されて、ブログとツイッターのリンクも表示されていました
ちなみに、見た目では解りませんが、ささみサロンへのリンクも反映されていました

現在はプラグイン「ProfilePress(旧:WP User Avatar)」の使用をやめて、こちらの記事で紹介したコードを追加する方法を使ってプロフィール画像の設定をしています
【この記事を書いた人】Gravatarを使わず画像を設定する2つの方法

まとめ

SWELLでの「この記事を書いた人」の部分の設定方法と、削除方法を説明しました

SWELLでは、編集する内容によって編集する場所が違います

  • カスタマイザーで出来る編集
    • 表示と非表示の設定
    • タイトル「この記事を書いた人」の部分の変更
  • ダッシュボードで出来る編集
    • プロフィール画像
    • プロフィールの名前
    • プロフィールの内容
    • ブログやSNSへのリンク

それぞれについて解説したので、参考にしてください!

SWELLでこの記事を書いた人の設定と削除方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる