ブログ記事の書き方が解らない人はライターになれ!理由は3つ

よくブログ記事の書き方が解らないって人いますよね。

マナブさんが無料で配信している内容をやるのも1つの方法ですが、個人的におススメなのがクラウドワークスやクラウドソーシングでライターとして活動することです。

それには理由が3つあります

  1. 収入を得ながら記事の書き方が学べる
  2. 外注化のノウハウも学べる
  3. ライターとしての気持ちが解る

それぞれ解説していきます

目次

ブログ記事の書き方が解らない人へライターを勧める理由3選

ブログで稼ぐとなると、しばらく数か月~1年程度は稼げない人が多くいます。

それでも稼げなくて止めていく人もいます

ただ何となく記事を書いたりしていては、効率も悪く、結果も出ません

そんな時は、まずライターから始めることで、そのリスクを回避することが出来ます

1.収入を得ながら、記事の書き方を学べる

初心者の頃は単価も安く、そんな値段でしたくない!と思うかもしれませんが、安く手も確実に収入になるということは大きな意味があります。

しかも、記事の書き方を学びながら、収入を得ることが出来るなら安くはないと私は思います

クラウドワークスでライターとして活動すると、ある程度の法則みたいなものが解ってきます。

  • どのようなキーワードでタイトルを作っているのか
  • 見出しタグの構成はどうなっているのか
  • どのくらいの割合でキーワードをちりばめているのか

もちろん、発注側のスキルに影響されることもありますが、ある程度稼いでいる人しかライター募集はしていないと思いますので、かなり参考になります。

そこからブログ記事の書き方を学べるということです。

2.外注化のノウハウも学べる

ライターとして仕事を受けるときに、ブログ記事の書き方と同時に学んでほしいのが、

  • ライター募集の内容
  • マニュアルの内容
  • 連絡の取り方
  • 支払い方法

こういったことを必ず確認して、記録しておきましょう。

ライター募集の内容も、どんな内容が目に留まるのか?意識しながら見ていくと良いです

マニュアルに関しては、そのまま使うのはダメですが、自分のオリジナリティを加えて書き換えて使うこともできます

 

3.ライター側の気持ちが理解できる

ブログで収入をめざしていると、のちのちライターへ仕事を依頼するようになります。
その時に、ライターの経験があると、とても有利に働きます。

直接のやり取りをしていて不便に感じる事や、ここはこうしたらいいのにと思う事をメモしておきましょう

その時の気持ちは書いておかないと忘れてしまいます。

小さなことで良いので、メモは必ずとるようにしましょう

まとめ

最初は大変で時間もかかり、もらえるお金も少ないのでくじけそうになりますが、自分でブログを作ってやるよりはお金になるし勉強にもなるしで一石二鳥です。

慣れて、ある程度理解してきたら、自分のブログへ応用していけばOKです

大事なのは、よく観察して良いところを吸収していくことです

余談ですが、私も一時期、クラウドワークス利用してライター活動をしました。

そして、マニュアルも保存してあるし、やり取りもコピペして残してあります。

そろそろ外注化を考えているので、自分のマニュアル作成に活用させていただこうと思っています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる