\ 最大10%ポイントアップセール! /詳細を見る

Canvaで年賀状の印刷が可能に!価格や使い方を紹介

Canvaで年賀状印刷

Canvaを普段から使っているので、年賀状の作成だけでなく印刷も対応してくれたらいいなと思っていました。

それが、2021年になって年賀状印刷に対応するとメールが届きました。

そこで、私が気になったのはこの4つ

  • 価格はいくら?
  • 宛名印刷もできるのか?
  • 使い勝手はどうか?
  • テンプレはどんなものがあるのか?

私がスマホで使っている年賀状アプリと比較しながら紹介したいと思います

そして、実際に注文はしませんが、使い方も紹介します

目次

Canvaの年賀状印刷が可能に!気になる価格や機能について

まずは、Canvaの年賀状印刷はどこまで出来るのか?気になった点を調べてまとめました

年賀状印刷の価格

枚数価格1枚あたりの価格
4枚1,936円484円
8枚2,320円290円
12枚3,072円256円
16枚3,504円219円
20枚3,220円161円
40枚5,000円125円
60枚6,300円105円
80枚8,000円100円
100枚9,700円97円
140枚13,160円94円
160枚14,880円93円
180枚16,560円92円
200枚18,200円91円

注文枚数によって、1枚あたりの価格が安くなります。

枚数が少ないと、とても高いので利用は諦めたほうがよさそうです。

枚数が少ないと年賀状アプリより割高で、100枚を超えてくると逆に安い場合もあり

宛名印刷は出来ない

私が毎年使っていた年賀状アプリでは、宛名の登録と宛名印刷が可能です。

ですが、Canvaでは宛名印刷に対応していません

あさひ

これは残念。。

使い勝手は良い

既にCanvaは日常的に使っているので、簡単に写真を入れたり文字編集したりできます。

使ったことない人も、そこまで難しくはないはずです。

テンプレートは沢山あるが、一覧表示

年賀状のテンプレートは沢山用意してありますが、一覧表示されるだけなので、探すのに少し手間がかかる印象。

年賀状アプリでは

  • シンプル
  • 写真あり、なし
  • かわいい
  • 和風
  • 出産

など、テーマや目的からデザインを選択できるものがほとんどですが、Canvaはその機能がありません

デザインの数は沢山ありますが、選択するのが少し大変

フチありフチなしが選べない

注文画面に進んでみたところ、フチありとフチなしの選択がありませんでした。

また、印刷後のイメージ画像を見た限り、フチなし印刷は出来そうにありません。

実際に注文したわけじゃありませんので、気になる方は問い合わせしてからにしましょう

送料は無料っぽい

印刷の価格などの一覧を探すも見つけられず、実際に作ったことにして購入まで進んだところ、4枚の注文でこの画面がでました。

無料と書かれてあるので、無料にちがいない!

カスタマイズ性は高い

年賀状アプリで編集より、カスタマイズの自由度は高いと思いました。

イラストの場所を自由に移動できたり、色や大きさを変更することができます

年賀状テンプレのPro版はない

実際に検索してみましたが、絞り込み昨日に無料とプロの選択肢がないことと、表示されるテンプレは全て無料と書かれているので、プロの年賀状用テンプレは用意されていないようです。

Canva年賀状の使い方と注文の方法

私はパソコンで操作しているので、スマホアプリの場合は作業の進め方が少し違うと思います。

ですが、検索方法などは同じだと思いますので、ぜひチャレンジしてみてください

STEP
Canvaトップページから「年賀状」と検索

年賀状と入れると、候補に年賀状(横)と年賀状(縦)と表示されるので、決まっている人はそちらを選んでください。

そのまま年賀状で検索すると全て表示されます。

STEP
サンプルのテンプレート一覧から好きなデザインを選ぶ

年賀状のテンプレート一覧から、気に入ったものをタップすると、確認画面がでるので、「このテンプレートをカスタマイズ」というところをクリックします

STEP
編集画面で文字の内容や写真を入れ替える

編集画面に移動したら、自分の好みに編集していきます。

文字を編集したい場合は、クリックして選択したあとに、②の場所で大きやフォントの変更ができます。文字の内容を変えたい時は、クリックして選択したあとに、そのまま変更できます。

写真を別のものに変更する場合は、フレーム機能の記事で紹介しているので確認してみてください

STEP
年賀状印刷を注文する

①右上にある「年賀状を印刷」をクリックします

②注文の枚数を選択します。

③続行をクリック

この先は、案内にしたがって注文すればOKです

簡単な説明で申し訳ないですが、通常Canvaを使っている方なら解かると思うのでご了承ください。

年賀状の価格設定

まとめ

Canvaで年賀状印刷ができるようになったので、色々調べてみた結果

年賀状アプリと比べると出来ないことが多い印象です。

  • 宛名印刷
  • フチなし印刷(おそらく)
  • テンプレの絞り込み検索
    (編集画面で検索をしぼると出来るかも?)

価格も枚数が少ない私にとっては割高なので、利用までには至りませんでした。

あさひ

もう少し機能の充実を期待したいとこですね

22021.12.18に確認した内容となっています。タイミングによっては内容が変更になっている可能性もあるので、最終的にはCanva公式サイトで確認するようにしてください

Canvaで年賀状印刷

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次