All In One WP Securityの日本語化【Xサーバー】

All In One WP Securityは日本語対応していないので、日本語表記に変えるファイルをサーバー側にアップロードする必要があります。(ファイルをアップロードすると日本語表記に変ります)

その際に通常はFTPを使ってアップロードしますが、Xサーバーを使っている人は、Xサーバーのファイルマネージャーにログインして直接アップロードすることができます。

ここでは、Xサーバーのファイルマネージャーを使って、All In One WP Securityの日本語対応へ変更する方法の紹介をします

設定前にバックアップはとっておきましょう

目次

All In One WP Securityの日本語化【Xサーバー】

All In One WP Securityをインストール

All In One WP Securityのラグインを使っているワードプレスのサーバーにインストールします。

プラグインのインストールについては、解っているものとして説明を省きます。
解らない人はググってみてください。

日本語化するファイルをパソコンにダウンロード

まずは、パソコンに日本語化対応のファイルをダウンロードしておく必要があります。

ダウンロードはこちらをクリック
自動でダウンロードされます

ダウンロードしたら、圧縮ファイルを開いて中にある2つのファイルを出しておきましょう


Xサーバーのファイルマネージャーにログイン

ログイン画面はこちら
https://www.xserver.ne.jp/login_file.php

FTPユーザーIDとパスワードが必要です。
忘れた人は、契約時に届いたメール探して確認してください

自分のワードプレスにファイルをアップロードする

まずは、アップロードするファイルを選択する必要があります
かなり下の階層まで開くので間違えないようにしましょう。

画像の順番にファイルを開いていきますが、見えにくい場合は下記を参照にしてください
自分のドメインpublic_htmlwp-contentplugins>all-in-one-wp-security-and-firewall>languages

languagesまで開いたら、アップロードをクリックして最初にダウンロードしたファイルをアップロードします。
それで、設定は完了です

このマークが次のように変われば、日本語化への設定は完了です

まとめ

昔はFTPを使ってファイルをアップロードしたりダウンロードしたりしていたけど、ワードプレスを使うようになって全く必要がなくなったので、他に方法がないか探してみて、Xサーバー側でWEBで出来ることを知り、やってみました。

他のサーバーでも出来るかは確認していないので解りません。

試してみてください。

All In One WP Securityのその他の設定はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる