ワードプレスでブロックを簡単に検索して追加する方法!

ブロックエディタを使い始めて、少しストレスに感じることがあります。
それが、目的のブロックを出す(探す)のに時間がかかること。

例えば、少し前に使ったブロックならブロックの追加の時に表示されるけど、たまに使うものは、名前すら忘れて検索すらできないということが起こります。

使いたいブロックがすぐに出せない。。

これ結構、時間のロスだしプチストレスなんですよね。

そこで、何か良い方法がないか考えて私が出したアイディアを紹介します

  • 探しているブロックを効率よく表示させたい
  • ブロックの名前すら思い出せなくて検索をかけられない

こんな風に思ったことがある人は、ちょっと足を止めて読んでくれると嬉しいです

目次

WordPressで目的のブロックを簡単に検索して追加する方法!

私が考え出した方法は3種類あります

  1. 検索方法の工夫
  2. 辞書登録を使う
  3. 何も覚えられない人の最終手段

それぞれ簡単に説明していきます

検索方法を工夫してみる

例えば、こんな時にどうすればいいのか?考えてみます

名前が解っている場合

ブロックの追加で、名前が解ればこんな感じで、すぐに出てきます

名前が解らない場合

今までは、

  • すべて表示をクリックしてブロック一覧を表示
  • 使いたいブロックをスクロールして探す

探したいブロックが下のほうあれば、時間もかかります

解決案

私の出した解決案です

ブロックの一覧を開くと、テーマ別に分類されています
ブロック検索は、このテーマ名での検索も可能です。

今回のSEWLLのステップの場合で実践してみましょう

SWELLのブロックは、「SWELLブロック」という名前で分類されています
有料のテーマSWLL独自のブロックなので、テーマが違うと表示されません

ということで、SWELLと検索してみます

すると、よく使っているSWELLのブロックの一覧が表示されます
(ブロックと検索しても同じように出てきました)

自分のよく使うブロックが、どのテーマで分類されいるか覚えておけるなら、有効な検索方法と言えます

注意点としては、目的のテーマ(今回の場合はSWELL)のブロックが全て表示されるわけではありません。よく使っているものが上から表示されますので、目的のブロックが出てこない場合もあります

その場合は、全て表示を押してからSWELLでブロック検索をかけるほうが早いです

パソコンの辞書登録を使う

検索方法の工夫で、ある程度ブロック名やブロックが分類されているテーマの名前を覚える必要があります

それすら思い出せないという方もいるのではないでしょうか

そういう方には、パソコンの辞書登録機能を使うと便利です。

よく使うブロックを辞書登録しておく

名前が思い出せなくても、見たら解るという場合があると思います。
そういう場合に有効な手段です

登録例

登録するよみ「ぶろ」に統一
登録する単語「ステップ」「広告」「ふきだし」

今回は3語登録するので、1つ1つ登録していきます
するとこうなります

「ぶろ」で検索すると、候補に「ふきだし」「ステップ」「広告」と出ているのが解ります

読みの部分は、自分の思い出しやすい言葉にして、あとはよく使うブロックの名前を登録しておくと忘れた時に便利です

登録方法は、パソコンのOSによって違うと思うのでググって調べてみてください!

Useful Blocksなど、覚えられない名前の時も使えます

この辞書登録は、覚えられないブロックのテーマを使う時にも有効です

たとえば、私が入れている「Useful Blocks」というプラグインのブロックを使う時を例に説明します

すごく優秀で楽しいブロックなんだけど、ブロック名が覚えられなくて、いつも全て表示をクリックして探していました

でも、このUseful Blocksはブロック一覧の一番下に表示されるからスクロールが面倒だし時間もかかるの

ということで、私はUseful Blocksを辞書登録しました。

Useful Blocksという名前すら覚えられないので、了さんが手伝っているブロックということもあり、

読み=りょう
単語=Useful Blocks

として登録しました

無事に、「りょう」でUseful Blocksが出てきて一覧に表示されました。ちなみに、Usefulで検索かけても出てきます

ボロック名も何も覚えられない人の最終手段

ここまできて、私は覚えることは苦手!
だから、全部無理!!

こんな人もいるのではないでしょうか。

そうなると、最終手段はメモしかありません

こんな感じで、ブロック一覧からキャプチャして、一覧で見れるようにしておけば、検索する名前が解ります

画像やリストを表示させる場所によっては微妙

  • 自分で作った一覧を表示させる
  • ブロックの追加から全て表示させて探す

どちらの方法も、さほど時間の差はないような気もするのが微妙なところ。

自分に合った方法で、最善と思われる方を選択してください

メモを印刷して、目のつくところに貼っておくのが一番はやいかも?

まとめ

ブロックの追加で、出したいブロックを効率よく出すための対策を

  1. 検索方法の工夫
  2. 辞書登録を使う
  3. 何も覚えられない人の最終手段

この3つの方法に分けて紹介しました。
色々試して、自分にあった方法を見つけてください

私は①と②を融合させています

今回の記事を書くきっかけは、最初に紹介したくうかさんのツイッターの一言から始まりました
私自身、使いたいブロックを探しにくくてストレスに感じていたところ、どうすればいいのか?考えるキッカケをもらいました。

自分だけなら、そのままスルーしそうなことも、他の人も困ってるならどうすればいい?って考えてみました

ここで大事なのは、自分ならそのままスルーしていたこと。
そういう時こそ、考えて自ら記事にできたら本当は良かったのかな?と反省点でもありました

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる