リットリンクを登録してインデックスされるまでを検証

被リンク対策としての効果は薄いイメージですが、リットリンクに登録してみようと思います。

せっかくなので、登録からインデックスされるまでの経緯をメモします

目次

リットリンクを登録してインデックスさせるまで

2021.8.30にリットリンクに登録

まずは下記にアクセスして、新規登録をしていきます

登録方法は2種類から選べます

  • LINEと連携
  • メールアドレスの認証

私は、メールアドレスを使って登録しました。

登録方法はさほど難しくないので、こちらでの説明は省かせていただきます

自分のページを作成する

画面の左上にある赤枠で囲んだ部分をタップすると編集画面になります(私は最初どこを触れば編集できるのか探したので画像つきで紹介しておきます)

あとは感覚的に編集できると思うので、こちらでの解説は控えます。
どうしても編集方法が解らない人は公式サイトの解説記事を確認してください

リットリンクの使い方:編集方法

作ったページをインデックス

せっかく作ったリットリンクのProfileページですが、そのままではGoogle先生はページの存在自体知りません。

なぜなら、リットリンクのページがインデックスされていないからです。

リットリンクのトップページからは、新規に作られたページへのリンクがありません。なので、Googleさんに新しいページが出来たよ!と知らせるのは自分でやる必要がでてきます。

そこで、手っ取り早くインデックスさせるには自分のブログからリンクを貼るのが一番です。

でもそうなると、

  • 相互リンクになる
  • 自作自演の被リンクになるんじゃないの?

と考える人もでてくるかと思います。私がそうでした。

リットリンクの被リンク効果を考えてみる

疑問点が出てきたので、私の見解を私の想像で話したいと思います。

根拠は全くありませんし、検証する気もありません。

それでもOKという方は読み進めてもらればと思います

自作自演の被リンクととられないか?

そもそも、リットリンクは自分のサイトやSNSを集めるためのもの。
つまり、そこに貼られたリンクは全て自作と考えていい。

そこから考えられる私の見解は2つ

  • 自作自演の被リンク扱いにはならないのではないか?
  • 自作の被リンクと解っているので被リンク効果=SEO効果は低いのではないか?

つまり、リットリンクの利用はペナルティを受けるわけでも、被リンク効果が高くなるわけでもなさそう。

それなら使ってみたらいいんじゃないかな?と思う訳です。

「相互リンクとリットリンクからのリンク

インデックスさせるために、ブログからリンクを貼ると相互リンクになります。

少しでも被リンク効果を高めたいならブログからリンクを貼らずに、リットリンクからブログへのリンクだけにしたい。

昔の考え方なので、現在でも通用するか解りませんが、間違ってないと思います。

そうなると、リットリンクをインデックスさせるために、別のサイトからリンクを貼る必要が出てきます。

どこからリンクを貼ればいいのか。

noteからのリンクを試してみる

そこで、誰でも思いつくのがこの3つ。

  1. Twitterやインスタなどの
  2. note
  3. ペライチ

この3つのうち、Twitterとnoteから私はブログへのリンクを貼っていますが、サーチコンソールのリンク元にはnoteはあるけどTwitterはありません。

そこから考えても、noteからリンクを貼ったほうが良さそうなので、noteにリンクを貼ってみることにします。

そして、実際にインデックスされるまでの経過を観察してご報告したいと思います。

1ヶ月たってもインデックスされない場合はブログからリンク貼ってみます

2021.08.31の16時頃 リンクを貼る

さっそく、noteにリットリンクのページへリンクを貼りました。
これから毎日1回、インデックスされているか確認していきたいと思います

インデックスの確認

約1ヶ月は待ってみようと思います。
それでもダメならブログからリンクを試す予定

日付インデックス日付インデックス
9/1×9/16 ×
9/2×9/17 ×
9/3×9/18 ×
9/4×9/19 ×
9/5×9/20×
9/6×9/21×
9/7×9/22
9/8×9/23
9/9×9/24
9/10×9/25
9/11×9/26
9/12 × 9/27
9/13 × 9/28
9/14 × 9/29
9/15 × 9/30

まとめ

2021.8.31時点では、検証結果が出ていないので何とも言えませんが、リットリンクに登録してインデックスしてもらうには、どうすればいいのか?試してご報告したいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる