缶ビールのサーバーに!超音波で泡をつくる機械3つを比較

ちまたでは缶ビールで泡のでるやつ(ジョッキ缶)が話題ですが、わざわざ買わなくても便利なものがあります

  • ジョッキ缶がなくて泡の出るビールを諦めてる人
  • スーパードライ以外のジョッキ缶はないの?
  • 缶ビールで泡を出してビールが飲みたい!
  • 缶ビールサーバーで良いものがないか探している

こんな人は必見です

お家で飲む機会が増えてきたので、美味しい泡たっぷりの生ビールを飲みましょう

あさひ

旦那もウマい!旨い!と毎日使っている優れものです

晩酌にビールを飲んでいる!という方は、ワンランク上の美味しいビールに早変わりです

目次

缶ビールのサーバーに!超音波で泡をつくる機械を3つ紹介

缶ビールで美味しい泡が作れる優れものサーバー機器があるなんて、もっと早く知りたかったです

私が紹介するのは、

  1. お手入れが簡単
    • 毎回洗う必要があるものは省きました
  2. 値段が手ごろ
    • 価格帯3,000円以内で探しました
  3. 缶ビールで使えるタイプ
    • ビールの種類を選ばず、缶ビール全てに対応したものを選びました
  4. 場所をとらない
    • 家電は増えると置き場所に困るので、小さいタイプを探しました

この4つの条件を満たしたものがこの3つ

缶にあてる
プレミアム

缶に充てるタイプの缶ビールサーバー

缶に装着
mottole

缶ビールサーバーで缶にはめるタイプ

缶を上に置く
スタンド

コップを上に置くタイプの缶ビールサーバー

それぞれ特徴と価格帯を解りやすく表にしてみました
商品名が無いので、左からプレミアム、mottole、スタンドと命名しておきます

スクロールできます
プレミアムmottoleスタンド
送料込み価格990円~2,200円1,980円~
可動方法単4電池2本(別売)単4電池2本(別売)充電式
使い方缶にあてて使う缶にはめて使うグラスに入れてから
上にのせて使う
泡のきめ細かさ
備考保管用
マグネット付き
水が必要

全て超音波式のビール缶サーバーになります
大きな差はないけど、使い方が違うので、選ぶ時の参考にしてください

泡のきめ細かさについては、旦那が実際に飲んで試した感想をもとに採点しています。

  • 1位が◎
  • 2位が○
  • 3位が△

あくまで、旦那の個人的な感想です

さらに、詳しく見ていきましょう

超音波ビール缶サーバー3つを使い方と旦那の感想(レビュー)

実際に買ってみたビールサーバー3つの使い方と、実際に使ってみた感想(旦那の独断と偏見がてんこ盛り)を紹介していきます

缶ビールに装着して使うタイプ:mottole 艶泡ビールフォーマー

我が家で一番最初に使い始めたのがコレ
先ほど紹介したプレミアモルツ用のビールサーバーのように、一度ビールを7割ほどグラスに注いだ後、超音波を使って泡を立ててグラスに注ぐと上手くいきます

モットルの缶サーバーについて簡単に説明

2021.5.26に確認した内容です
  • 電池式
    • 単4電池2本必要(別売り)
  • Amazon、楽天、Yahoo全て同じショップからの発送
    • ということで、価格は全ショップ同じ
  • 楽天はレビューを書けば、1年保証が付きます
  • メール便で送料無料

旦那の評価は1位

※旦那は口下手で多くは語りませんのでご了承ください。しかも顔出しNG

泡のきめ細かさは他に比べると劣るが、気にならない程度。何より面倒くさくなくていい

あさひ

コンパクトで邪魔にならず、缶にパカッとはめるだけで汚れることもないので旦那は気に入ったようです

¥2,200 (2021/05/26 14:44時点 | Amazon調べ)

残念ながら、このビールフォーマーが売り切れで楽天とYahoo!は商品ページが削除されてしまいました
Amazonだけは残ってますが売り切れ状態です

同じような商品を探してみつけましたが、Amazonには取り扱いがなく、楽天とYahoo!は送料も考えると少し高い

缶ビールにあてて使うタイプ:モルツ神泡サーバー(2021年最新版)

どのタイミングで使うなど、とても参考になります

モルツ神泡サーバーについて簡単に説明

2021.5.26に確認した内容です
  • 電池式
    • 単4電池が2本必要(別売り)
  • 超音波式の中で一番安い
  • モルツ用に作られていますが、他の缶ビールでも利用可能
  • 2021年の最新版はAmazonにしかありませんでした
  • 送料込みの最安値はAmazonの980円!
    • プレミアム会員のみ

旦那の評価は2位

だんな

泡のきめ細かさはmottoleよりいいけど、継ぎ足すたびにセットしないといけないのが面倒

あさひ

安くてお手入れが簡単なものならこちらがお勧め。ただし楽天とYahoo!は少し高いので、買うならAmazonが良いと思います

缶ビールやグラスを上に載せて使うタイプ

水を用意する手間が毎回必要なのと、使った後に水を捨てる必要があるので紹介するか悩みましたが、泡が出てくる様子を見てると楽しいので、こういうのが好きな人もいるかもしれないと思い、紹介することにしました

スタンドタイプの特徴

2021.5.26に確認した内容です
  • 充電式
  • 送料込みの最安値はAmazon
    • 送料別ならYahoo!ショッピング
  • 水を用意する必要がある

旦那の評価は3位

旦那

泡が立つのに時間がかかる。そもそも水を用意して捨てるのが面倒くさい

あさひ

グラスに注いだ後でも、泡を復活させることが出来る点はイイと思ったんですが、旦那には面倒くさくてダメだったようです

美味しい泡のビールにはグラスもいいものを使おう!

せっかく家で美味しい泡つきビールを飲むなら、グラスもビール仕様にしたくなるってものです

350の缶ビールと泡が出ることを想定して、400ml程度のものをピックアップしてあります

タンプラーのいいところ
グラスのいいところ
  • 結露しない
  • 適温のまま飲める
  • 落としても割れない
  • 泡が見えてビールが美味しくなる
  • デザインが豊富
  • ビールの色も楽しめる

タンブラー420ml

私がタンプラーを買ったのは数年前で、デザインも色も選べる状態ではありませんでした。しかし、Amazonで探してみると、色も様々でデザインも豊富になっていてウキウキしました

個人的なセンスで可愛いくて良さそうなものを、価格別に3つ紹介します

いたってシンプルなデザイン
¥1,098 (2021/05/27 14:48時点 | Amazon調べ)
ヒゲが可愛いので思わずチョイス
¥1,786 (2021/05/27 14:56時点 | Amazon調べ)
安心のサーモス製。色違いもあるけど値段が上がります
¥1,564 (2021/05/27 15:01時点 | Amazon調べ)
評価も高い京セラ製。色違いもあります
¥3,850 (2021/05/27 15:00時点 | Amazon調べ)

我が家にはドウシシャと同じデザインのタンプラー330mlと420mlと2種類ありますが、420mlのほうは長くて底が細くなっているため、男性だと手が入らずに洗いにくいかもしれません。私の手でギリギリといった感じです
洗いやすいのは断然330mlのほうですが、一度に350のビール缶は入りません。

グラス420ml前後

Amazonでビールグラスを探してみましたが、種類が案外少なかったです

値段的にお手頃
¥462 (2021/05/27 15:27時点 | Amazon調べ)
個人的に好きなデザイン
¥990 (2021/05/27 15:30時点 | Amazon調べ)
結露しにくいデザイン
¥600 (2021/05/27 15:37時点 | Amazon調べ)
ベストセラー商品。サイズ変更で形が変わります
¥1,760 (2021/05/27 15:51時点 | Amazon調べ)

もし、泡を継ぎ足して飲みたい場合は、もう少し小さいサイズでもOKです。
小さいサイズが見て見たい!という方のために、3ショップ(楽天、Amazon、Yahoo)の検索結果へ飛べるようにしておきましたので、好みのものを探してみてください

タンプラー350ml前後

各ショップ、タンプラーの検索結果へ飛びます

グラス340ml前後

各ショップ、ビアグラスの検索結果へ飛びます

泡が作れるグラスも発見

デザイン、サイズも色々あります

グラスだけできめ細かい泡ができて、泡のもちもいいなら試してみたいきもするけど、高いので割ってしまった時のダメージが大きいので、我が家ではないかなぁ。

でもちょっと気になる

まとめ

ビジネスブログに無関係なビールの記事を書いてみました。

書いた理由は、旦那があまりに喜ぶので書きたくなったのと、ポチップを沢山使ったページを作りたかったからです

りろ

ポチップ本当にたくさん使ってるね

あさひ

表示の仕方で違いを表現してみました

とはいえ、旦那は毎晩うれしそうにビール飲んでますので、缶ビールをそのまま口に運んでいる人は、超音波の力で泡を作り、美味しい泡泡ビールをぜひ試してみてください

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる